スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣

先日、映画を観てきました。

『魍魎の匣』

なんかミステリアスでおもしろそうだし、なんてったってエンディングが東京事変の曲なんだよ~

『金魚の箱』って曲で、良い曲だな~って思ってたら『魍魎の匣』で使われてるっ!!

観るっきゃない!!

っつって観に行ったんだけどね。

私が予想してたのは、なんつーかミステリー的な。

宮部みゆきとか東野圭吾的な。

犯人はオマエだ!!的な。

観てみたらホラー!?

なんか・・・気持悪いの出てきたんだけど!!

つーか、原作が京極夏彦!?

そりゃ気持悪いわ・・・

読んだことはないけど、表紙見ただけで読む気失せてるもん。

なるほどねー・・・

でも本で読んだらおもしろいかもね。

て感じでした。

これ観た後、まんが喫茶で『GANTZ』読んだら更に気持悪くなりました。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。